外壁塗装の相場価格を一括見積もり
外壁塗装の相場を一括見積もり 外壁塗装の価格を一括見積もり
外壁塗装の満足度

アパートが古く空室が多い時の対処

アパートが古くても内見者の成約率を上げる方法

自身が持っている物件の中で建物が古くなり成約率が下がっているものはありませんか?

建物が古くなり見た目にも内観的にも自信がない為に、成約率アップを諦めてしまったという話をよく耳にします。確かに、成約率の高い物件は、新しくキレイで築年数も浅く、アパートやマンションなどの新居を探している人にとって大変魅力的です。

しかし、建物が古くなっていても外壁や塗装工事ができる箇所に少し手を加えてキレイにするだけで、成約率アップに繋がります。

建物が古くなると成約率を上げるためにリフォームや建て直しを考えるかと思いますが入居者がいる場合には一時的に退去してもらう必要があったり多額の費用と準備や手続きに時間がかかったり、なかなか簡単にできるものではありません。

建て直しをして成約率を上げて入居者を増やそうというのも一つの方法ですが、まずは見た目をキレイに保つというところに目を向けてみて下さい。
外壁をキレイに保つだけでも、建物の印象が良くなり築年数よりも新しく見えることも大いにあります。
重要なのは、キレイな外観と室内で建物をいかに古く感じさせないかということです。

外壁が汚れていたり、塗装が剥がれ落ちているような物件は、いかにも古く見え必然的に内見率さえも下がってしまいます。リフォームや建て直しをしなくても外壁塗装を施すことで、汚れや色が剥がれているのをキレイでき、カビやヒビも修復できます。

また、内装部分にも壁や浴槽など、塗り替えることができる箇所があるため、出来る限りの塗装工事を施せば見違えるようにキレイになります。

たとえ建物が古くても、家賃が手頃で、建物や部屋がキレイにメンテナンスされている物件は、必ず成約に結びつきます。決して、建物が古いからと言って傷んだ箇所をそのままにして、成約率アップを諦めずに、まずは外壁塗装や塗装工事が出来る部分を確認し検討してみて下さい。

せっかくの持ち物件を無駄にしないためにも、印象をキレイに保つというのはとても重要です。

 外壁塗装の一括見積もり 外壁塗装の一括見積もり 外壁塗装の一括見積もり