head_img
HOME > 駅から遠いアパート
目次
駅から遠いアパートの空室
入居層のニーズの高い設備を追加
外壁を塗装する・壁や天井を防音塗装する
駐車場を確保する
1階のプライバシーとセキュリティ強化
家賃を値下げするか or 設備投資、リフォームするか?

 

駅から遠いアパートの空室

ポイントアパートの空室が埋まらない駅から遠いし仕方ないか・・・

アパートの経営さんで駅から遠いアパート物件を持っている方で空室が多くなると「駅から遠いから
と言って半ば諦めてしまう方や単純に家賃を下げて対応している方も多いと思いますが家賃をただ下げただけでは解決出来ないかも知れません。

色々な側面から対策を考えて費用対効果の高い方法で空室対策を行いましょう!

このページでは「駅から遠いアパートの空室対策」についてお話いたします。

駅と電車駅から遠いアパートの空室対策
駅から遠くても家賃に対してお得感を出す事で空室対策する。

icon_check 「入居層のニーズの高い設備を追加する」

icon_check 「外壁を塗装する・壁や天井を防音塗装する」

icon_check 「駐車場を確保する」

icon_check 「1階のプライバシーとセキュリティ強化」

icon_check 「最終手段!家賃の値下げか?設備投資か?リフォームか?」

上記の内容で解説いたします。

ページトップに戻る

 

入居層のニーズの高い設備を追加

駅から遠いアパートの空室対策で、まず始めにすることは、内覧・内見者の数を増やすことです。そして内覧・内見者がアパート来た時に良い印象を持ってもらい入居率・成約率を上げましょう!

まだ、読んでない方は前回お話した「アパートの空室対策!内覧・内見者を増やす」をご確認ください。
次に、「アパートの空室対策!入居率・成約率を上げる」をご確認ください。

photo

アパートの入居層のニーズが高い設備を追加することは空室対策で非常に大切な項目になります。
単身者・ファミリー両者で、毎回人気の上位に入る「インターネット無料」を、是非取り入れましょう。

【アパートの設備で人気の高い設備】

icon_check インターネット無料

icon_check オートロック

icon_check 追い炊き機能

icon_check ウォークインクローゼット

icon_check システムキッチン

icon_check ホームセキュリティ

上記のアパートの人気設備の中で「単身者、ファミリーの両者に最も人気が高いインターネット無料」は、必ず取り入れるべき設備になります。

photo駅前のアパートでも空室が多く悩んでいた方がインターネットを完備し「インターネット無料」とアパート物件紹介に載せたところ学生の入居者が立て続けに入居してきて空室がほぼ埋まるなど、現在の賃貸物件は「インターネット無料」は、空室対策に、とても効果が高い設備になっています。

逆に言うとアパートやマンションの賃貸物件で「インターネット無料」という設備がない物件は、選ばれ難くなっています。

今後アパートの設備に「インターネット無料」は、トイレやお風呂のように当たり前という「標準設備」になってもおかしくない程です。

photoアパートやマンションの経営者さんなら聞いたことがあるかと思いますが「全国賃貸住宅新聞」など情報新聞やテレビの「賃貸物件!人気設備ランキング」などで「インターネット接続」は、借り手側からすると「絶対条件」のひとつになっています。

駅から遠いアパートの空室対策に「インターネット無料」という設備は「必須条件」と考えられますので、まだ設置をしていないアパート経営者さんは「インターネットの設置」をしましょう。
アパートの空室対策でインターネットを設置する方法

ページトップに戻る

 

外壁を塗装する・壁や天井を防音塗装する

photoガイナという塗料をご存知ですか?
株式会社 日進産業のガイナという塗料です。(外部リンク:日進産業ガイナ

「ガイナ」は、日本の宇宙ロケット開発技術を応用して生み出された商品で「断熱・保温・遮熱・空気質改善・遮音・防音・防露・耐久・不燃」などの効果がある塗料になります。

現在は、日進産業の条件を満たした会社が代理店、販売店として一般への販売や施工が可能になっています。
この塗料でアパートやマンション塗装をして空室対策を行う利点などを解説いたします。

防音対策、断熱対策

icon_check リフォーム工事で対策

icon_check 塗装工事で対策

防音対策にしても断熱対策にしてもリフォーム工事で対策をした方が防音率、断熱率も高くなることは間違いないでしょう。ですが一戸建てと違いアパートやマンションですと現在住んでいる方が多くいて迷惑が多くかかると思います。

また、防音断熱のリフォーム工事は費用も高くなり内装工事も伴うとなれば現住民の一定期間の移住費用も負担することになります。

icon_check 防音断熱を塗装工事ですれば格安で短期間の施工!

大掛かりなリフォーム工事に比べれば防音断熱効果は低いとしても効果は必ずあります。そして見た目、外観もキレイになります。

外壁をガイナで塗装する事で防音、断熱ができます。また室内の天井や壁もガイナで塗装することで防音断熱ができます。当サイトを利用した方で天井をガイナで塗装した結果、冷房の効果が上がったとの声もある程です。

ガイナという塗料は非常に優秀な塗料になるので詳しくは「防音、断熱対策」で解説しています。

 

駐車場を確保する

駐車場駅から遠いアパートやマンションには駐車場が必須
ファミリー向けタイプ、単身者向けタイプ、学生向けタイプと賃貸物件には色々なタイプがありますが、駅から遠い物件ですと駐車場の設備は非常に大切で無くては成らない設備かと思います。

オーナー様や管理会社様に「そんなことは分かっているよ」と言われそうですが本当に必要ですよね。現代は車離れが進んでいるとテレビやニュースで話題になっていますが、それは都心などの話で地方や駅から離れている方にとっては車は必需品になります。

駐車場が無いアパートやマンションの対策

icon_check 近隣の駐車場を一括借り上げする

物件紹介の時に「駐車場あり」と「駐車場なし 近隣に有り」とでは大きくイメージが変わります。

現実的には難しいですが、もし駐車場の持ち主と交渉して一括借り上げや一部を契約して借りれるとなれば物件に対して少し遠くても借りる価値は十分にあると思います。1室の空室が何か月も続けば・・・1室の家賃収入で駐車場を何台分確保できるのかシミュレーションをしてみてください

もし駐車場を一括で借りる事ができた場合には、駐車場の料金を少し高めに設定しても良し、逆に低めに設定しても家賃との噛合いで駐車場や家賃の料金を変えることで調整すると良いと思います。

 

1階のプライバシーとセキュリティ強化

photo低階層、1階だけをセキュリティー対策とプライバシー確保をする

賃貸アパートやマンションの低階層、特に1階はセキュリティーやプライバシーの確保から敬遠される傾向が高いです。

とくに女性向け物件や女性が借りる場合には多くの方が1階を避けます。

だからと言って1階が空室があっては困ります。そこで可能な限り1階の空室対策をしてみましょう。

低層階、特に1階を限定的に防犯対策、プライバシー確保をして物件紹介欄に記載してもらい紹介して貰いましょう。

1階の割安家賃、Wコンロなど設備投資をするに越したことはありませんが、まずは1階が敬遠される理由に対して可能な限り対応してみましょう。

■セキュリティー対策

icon_check 窓ガラスを強化ガラスに変える

icon_check 窓ガラスに防犯フィルムを貼る

icon_check 窓を二重ロック式に変える

icon_check 玄関ドアの鍵を2ロックにしてテンプルキーに変える

icon_check テレビモニター付きインターホンに変える

icon_check 玄関ドアや窓の外部にセンサーライトを設置

icon_check シャッターを設置

上記の対策でかなりセキュリティーが上がり防犯面で1階を避けている方の抵抗が薄れるんでは無いかと思います。

「窓ガラスを強化ガラスに変える」この変更が一番費用が掛かると思いますが借りる側としては一番安心感が高い項目となると思いますので外すのは得策ではありません。シャッターが無い1階にシャッターを設置するとなると強化ガラスの費用を大きく上回ると思いますが予算に余裕がある方や空室が大きく目立っている物件にはシャッター設置は大きな防犯対策になるので良いと思います。

不動産業者の物件紹介欄に上記の項目が記載されていて営業マンから「防犯面を強化している物件」と聞けば1階を借りる事への不安などを少なくできると思います。

もちろん1階を借りる利点なども不動産業者の営業マンに話して頂くと良いでしょう「毎日の買い物の持ち運びが楽」などですね。

■プライバシーの確保

icon_check 窓に目隠しフィルムを貼る

icon_check 窓際に室内物干し金具の設置

室内物干し金具

icon_check 網戸の網を外から見えにくいものに変える

プライバシー網戸

1階のプライバシーの確保は基本的に目隠しの要素が大きいと思います。かと言って垣根のような対策をすると防犯面で劣ってしまいます。

ですので通行人から見え難い対策をすると考えると上記の対策になります。

目隠しフィルムも室内物干し金具、目隠し網戸の網、全てホームセンターやインターネットショップで購入できます。
この中で業者に頼むものは室内の物干し金具かと思います。中には網戸の網の交換が出来ない方もいるかと思いますが業者に頼んだ場合の施工代金は1箇所1000円前後だと思います。

そして室内の物干し金具ですが少しDIYの経験があれば自分で設置もできますが不安な方は業者に取り付け工事をしてもらうと良いでしょう。この室内の物干し金具は、とても良い目隠しになり必要無い時は外せるという優れもので特に女性からの人気の高い設備になりますので是非設置を検討してください。

また目隠し網戸も一戸建てなどでは見かけますが賃貸物件ではあまり見かけた事がありません。賃貸物件ですと勝手に変えて良いものなのか?など不安もあり入居者の方も進んで変えないのかも知れませんが初めから、この網戸が設置して合ったらとても嬉しいと思いますので1階のプライバシー対策の一つとして取り入れてみて下さい。

 

家賃を値下げするか or 設備投資、リフォームするか?

photo駅から遠いアパートやマンションの空室対策まとめ
当たり前ですが立地条件が悪ければ悪いほど全ての対策をすることが良いでしょう。

立地条件や収益、築年数で対策を考えましょう!

家賃を値下げするか設備投資をするかリフォーム工事をする物件の状況や資金の問題など色々なことで選択肢が変わると思います。

また、このページの空室対策をご参考にして頂ければ幸いです。

賃貸物件のターゲット層のタイプにより対策が多少異なりますが駅から遠い物件の空室対策としては以上になります。

全ての対策を出来れば良いのですが中々そうも行かないのが現状かとおもいます。可能な対策から少しづつ行っていくと空室が無くなっていくと思います。

この他にもアパートマンションの空室対策は色々とありますが空室を減らして入居者に満足して住んでもらえる物件にする事を心掛けて設備投資やリフォームをすると良いと思います。

賃貸物件のターゲット層のタイプにより対策が多少異なりますが駅から遠い物件の空室対策としては以上になります。


お問い合わせ、ご相談はコチラへ!

24時間ネットで簡単無料!アパート・マンション塗装の一括見積もり依頼!

icon フリーダイヤル(携帯可)0120-441-431
外壁塗装の案内所 (全国見積サポート協会事務局運営)
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
また訪問業者から見積書を提出されていて不安な方は必ずご相談ください。

icon 24時間ネットで簡単無料!一括見積もり依頼
申込依頼をされた場合でも
実際には依頼せずにご相談のみもOKです!

ページトップに戻る